fc2ブログ

ホルヘロレンツォDVD

ホルヘロレンツォのDVDを購入しました。



このDVDの中で、一番驚いたというか、感動したのがロレンツォが3歳前後の頃の映像らしいのですが、モトクロスバイクで、ロードコースを走っているのです。
これが、見事なドリフト走行。
かなり深いバンク角で逆ハン切って、リアは滑りっぱなし。
3歳よりは大きくなっていたかもしれませんが、かなり小さい頃の映像です。

こんな小さい時からドリフト走行をこなしている!
基礎が違うな~。

かめレーサーもオフロード車を買おうかと思ってしまいました。

また、BKスライディングスクール行ってこようかな?

なかなか衝撃を受けたDVDです。

かめレーサーでした。
スポンサーサイト



テーマ : モータースポーツ - ジャンル : 車・バイク

筑波サーキット走行

昨日の続きで筑波サーキットです。
冬になり二輪の走行枠が午後になる事が多い感じです。

午前中にトミンモーターランドで勢いをつけて、午後に筑波サーキットでタイムアップを狙っていたのですが、トミンでのタイムが今一。

筑波サーキットでは頑張ります。
この日は一日二輪の走行枠で、筑波サーキットは大混雑!!

午前中の走行枠の人達との入れ替わりのタイミングでサーキットに着けたおかげで、結構混んでいるのにピットを確保出来ました。

IMG_2008.jpg

発電機を使わずにタイヤウオーマーが使えます。
IMG_2009.jpg

40分程時間を取って、ゆっくり暖めます。

この日はファミリー走行では無く、スポーツ走行Aグループ。
早速走行開始です。

タイヤのグリップ感は有り、初めから結構良い感じで走れました。

タイムは1分13秒前半で安定している感じ。

リアタイヤが滑る感じが一度だけ第一コーナーで体験出来ました。

フロントが滑る感じは有りません。

今回はこの前見たスペンサーのライディングスクールで言っていたイニシャルブレーキングを試していました。
ちなみにイニシャルブレーキングとは、フロントブレーキの掛け始めを全力の5%以内の力で握ってマシンの挙動を押さえるテクニックです。

ブレーキングに関してはフルブレーキングをしなかったのですが、13秒台というのは悪く無い感じです。

昨日も書いたのですが、タイムを更新する方法を考えた方が良い様に思います。

次回の走行までしばらく有るので、少しじっくり考えて見ます。

かめレーサーでした。

テーマ : モータースポーツ - ジャンル : 車・バイク

久しぶりのトミンモーターランド

久しぶりのトミンモーターランドに行ってきました。
今年初です。

天気は快晴。
IMG_1999.jpg
結構気温も高めで助かります。
IMG_2006.jpg


今回はタイヤウオーマーも完璧です。
IMG_2005.jpg
発電機も使い方が分かって順調です。
前後とも30分程で暖まりました。
IMG_2002.jpg
IMG_2003.jpg


タイヤの空気圧はF 2.1kg R 2.35kgと高めにしました。
今までは低めにしていたのですが、昨年トミンモーターランドで転倒した際に、急にグリップが無くなる感じだったので空気圧を高めにしてタイヤの強度を増やす狙いです。

タイヤウオーマーの効果は抜群でした。
十分に暖まったタイヤは初めからグリップ感も有り、今までの様にウオームアップをじっくりしなくても良い感じです。

久しぶりに走ったのですが、タイムは29秒台の前半止まり。

う~ん。
相変わらずコーナーの進入速度が遅い。
タイヤはほとんど滑る事無く、限界からはかなり低い印象だったのですが、なかなかブレーキングを遅らせる事が出来ません。

立ち上がりでタイヤをスライドさせることも出来ません。

1,2回スリップする感じは有ったのですが、あまりタイムには影響有りませんでした。

29.1秒でほぼ安定して走れたのですが、このリズムを変えられない。

少しゆっくりタイムを縮める方法を考えた方が良いかもしれません。
やみくもに走っても、なんかリスクが増えるばかりで・・・

この日は午後から筑波サーキットにも行ってきました。

筑波サーキットの走りはまた明日。

かめレーサーでした。

テーマ : モータースポーツ - ジャンル : 車・バイク

フロントサスペンションの調整

先日フレディースペンサーのスクールで言っていた事で印象に残っている事があります。
コーナー進入の一番初めにかけるイニシャルブレーキ。
これは全力の5%位で軽く握るブレーキングで、これによりサスペンションを縮めて姿勢を安定させる効果が有るそうです。

スペンサーはこのブレーキングを行っていた為に他のライダーよりも柔らかいサスペンションを使う事ができ、これがタイヤのグリップを引き出して有利になったと言っていたのです。

現在、「かめレーサー」は前傾姿勢を作るために、フロントサスの突出しを大きくしています。
現在10mm。

この為、ラジエターにタイヤが当たるのを防ぐ為イニシャルをほぼ最強にして有ります。
リアサスも前傾姿勢を作るために、マニュアルで最強のところまでイニシャルを上げています。

前後両方のサスを柔らかくして、サーキットを走って見ようと思います。

その為、フロントサスペンションの突出し部分を0mmにします。

前回の整備でリアサスを上げているので、前傾姿勢は保てると思います。

リアサスのイニシャルも現在の140mmから150mmまで緩めました。

現在のフロントサスの突出し。
IMG_1996.jpg

調整後は突出し無しになりました。
IMG_1997.jpg

フロントサスのイニシャルを最弱にして整備終了です。

久しぶりにミラーも付けて公道を走れる様にミラーも付けました。
IMG_1998.jpg

軽く試走して来ます。

かめレーサーでした。

テーマ : 整備 - ジャンル : 車・バイク

走行前の整備

前回の走行時に落としてしまったパーツを取り寄せました。

作業前の一枚。
IMG_1992.jpg
走行後、そのままです。


まずはパーツが落ちた状態。
IMG_1990.jpg

パーツが着いている状態。(逆側)
IMG_1991.jpg

純正品を用意しました。
IMG_1993.jpg

全部で2,000円弱。
あまり高くなっていませんでした。
良かった、良かった。
こんなパーツでも無いとこまります。

取り付けは簡単に終了。
ボルトの増す締めもしっかりしました。

次に、以前からつけたかったリアスタンドを掛ける為のボルトも購入しました。
IMG_1994.jpg

これでスタンドが、がっちり掛けられる様になりました。
IMG_1995.jpg
取り敢えず、これで走行出来ます。

かめレーサーでした。

テーマ : 整備 - ジャンル : 車・バイク

フレディースペンサーのライディングスクール

ネットでいろいろ検索していたらYouTubeでスペンサーが日本国内で以前スクールを開催した事があるのを発見しました。
スペンサーは80年代に活躍した伝説のライダーです。
かめレーサーの年代にはあこがれのライダーです。

いろいろ探してみたところ、このスクールのDVDが売っている事が分かりました。

YOUNG Machineの2010年4月増刊号。

この雑誌の付録として、フレディースペンサーのライディングスクールが載っているというのです。
早速、アマゾンで検索。
DVD付きの古本が有ったので、購入。

届きました。
IMG_1989.jpg

このDVDにはスペンサー以外にも丸山浩さんのヒザスリレッスンも入っています。

さて、スペンサーのライディングスクール。
今回はコーナー進入の部分のみという事ですが、なかなか面白い!

まずは、ブレーキング開始時のイニシャルブレーキング。
遊びを取って軽くフロントブレーキをかけて、フロントサスを縮めて車体を安定させる事にかなり重点を置いている様です。

また、リーンに移る時にもブレーキは掛けたままで、フロントのグリップを増し、向きを変える。
トレールブレーキングと言っていました。
とにかく大分コーナーの奥までブレーキを引きずるそうです。

まだラジアルタイヤが出たばかり。
しかも当時は今と違い16インチのフロントタイヤで、とてもクイックな挙動を見せるタイヤでした。
そんな時代に、コーナーの奥までブレーキングを引きずり、フロントスライドまでしていたスペンサー。
流石です。

次回、サーキットに行った時にでも試して見たいと思います。
出来ればトミンモーターランドが空いている時にでも・・・

かめレーサーでした。

テーマ : モータースポーツ - ジャンル : 車・バイク

発電機の修理

今回のサーキットで始動用のひもが切れてしまった発電機。
ひもが切れやすい感じだったので、丈夫なひもに交換します。
他に、オイルの状態を確認して、汚れている様でしたらこれも交換します。

まずは発電機を正面から。
IMG_1986.jpg

まずはオイル交換。
IMG_1985.jpg
写真の黒いキャップを抜いて確認します。
特にオイルは汚れていませんでした。
今回は交換しないでおきます。

サーキットで初めて気が付いたエンジン回転を上げるレバーの写真です。
IMG_1987.jpg
先ほどの正面から左側の面についています。
結構見にくい場所に有りました。

続いて、ひもの交換です。
今回、あまり写真を撮っていませんでした。
もともとついていたひもは柔らかすぎて、耐久性が低すぎました。
今回、かなり強度の高いひもを購入しました。
修正後の写真です。
IMG_1988.jpg
ひもが出ている部分の黒いカバーを外してひもを巻き直しました。
これで大丈夫。
そうそう切れる事は無いひもです。

今回は発動機に振り回された走行でした。
しかし、一度経験してしまえば次は大丈夫。

次回の走行に期待します。

トラブルが起きてしまうと写真も撮れません。
時間に余裕を持って行動します。

かめレーサーでした。

テーマ : 整備 - ジャンル : 車・バイク

今年初めのサーキット走行 その2

バタバタの状態で、今年初めの筑波サーキット走行を迎えた「かめレーサー」。
2回目の走行までは空き時間が30分少し有るので、この間に改めてタイヤウオーマーを試して見ようと思います。

当日は3回の走行を予約しています。

一本目の走行開始。

当日の天気は快晴だったのですが、風がかなり強く気温も低い。
タイヤも暖まっていないので、ゆっくり走り始めます。

しかし、裏ストレートで少しスピードが出てきたら、妙にカウルがバタつきます。
そうだ、トランスポーターに積み込む時に、ミラーを外した後にカウルを止めていませんでした。
カウルを取り付けるボルトがついていない為、速度が出て来ると、カウルがバタつきます。

発電機のトラブル(不慣れ)のせいでバタバタしていた為、ボルトの取り付けを忘れていました。

今回はピットも取れていないので、このままゆっくり走行する事に。
それでも、後半は15秒台で走行していました。

一本目の走行時間が終わり、トランスポーターまで戻ります。
走行開始時は20台近く走っていたと思いますが、終了時は10台も走っていませんでした。
やはり、風と低温のせいでしょうか。

二本目の走行ではタイヤウオーマーを完璧に使って走行したいと思います。

さて、一本目の走行から戻ってタイヤウオーマーをセットします。
しかし、ここでリアスリングアームの後ろから妙にボルトが飛び出しています。
リアホイールの位置を調整するボルトのカバーが走行中に落ちてしまい、細いボルトが飛び出した状態になっていました。
IMG_1978_2.jpg
上の写真の赤丸の部分です。
写真は左側ですが、実際に落ちたのは右側です。

この状態では走行が出来ません。
もし、転倒した時に尖がった部品は危険ですから。

バタバタした状態で整備不良で走ってしまいました。
その結果のパーツ脱落。

2本目以降の走行はキャンセルして帰宅しました。

今回は本当にバタバタしていた為、写真も撮れませんでした。

本気で走る事無く終わった走行ですが、整備不良の状態で怪我せず帰って来れた事で満足します。

今年も頑張ります。

かめレーサーでした。

テーマ : モータースポーツ - ジャンル : 車・バイク

今年の走り初め

筑波サーキットに行ってきました。
今年初の走行です。
天気が良かったのも有り、筑波サーキットは大混雑。

今回は午後からの走行ですが、13時前に到着したのですがトランスポーターを止める場所が無い!!
今年もサーキットは大盛況です!

第一ヘアピンの下に陣取りました。
今回から導入したタイヤウオーマーを準備します。

リアスタンド、フロントスタンドをかけてタイヤウオーマーを巻き、発電機につなぎます。

初めての作業でしたが、比較的順調にタイヤウオーマーを巻くことが出来ました。
発電機につないで、発電機を始動します。

しかし、発電機が動かない・・・
昨日は動いたのに・・・
手動での始動なので、なんどもひもを引っ張りますが、エンジンが掛からない。
何度か、ひもを引っ張ると、なんとひもが切れてしまいました!

うっ、うっ・・・
安物・・・

ひもが入っている部分を少し分解して、残ったひもを引っ張り出し、引っ張る取っ手に結び直しました。
これで、改めて始動を試みますが相変わらずびくともしない。

おかしい。
発電機を良く確認してみると、なんとガソリンコックが閉まっていました。
昨日の整備後にコックを締めていたのを忘れていました。
この時点で、走行開始まで20分を切っていました。

発電機のガソリンコックを開いて、再度始動を試みると、一発でエンジン始動。
急いでツナギを着て、発電機を確認すると・・・
また、止まっている!

エンジンの回転数が自動的に調整される訳では無く、始動と通常回転を切り替えるレバーが有り、これを操作しなければならなかったのです。
走行開始まで10分程。

走行時間になって、タイヤウオーマーを外しましたが、手で触れる程度しか暖まっていませんでした。
本当は手で触れない位に熱くなるはずなのですが・・・

取り敢えず走行開始です。

本日はここまで。

かめレーサーでした。

テーマ : モータースポーツ - ジャンル : 車・バイク

走行前の整備 その2

本日は昨日の続きで、リアタイヤの取り付け及びカウルの塗装と取り付けです。

まずは、リアタイヤの仮止め。
IMG_1978.jpg
本締めする前に、チェーンの弛みを調整します。

左側のチェーンが有る方を初めに調整してから、右側の調整を行います。
しかし、右側で少し余裕を持っておかないと左側を調整した段階で、チェーンの張りが強くなりすぎてしまいます。
リアタイヤの軸を左右で揃える為には、結構コツがいります。

IMG_1979.jpg
最近良くやっているので、比較的短時間で作業完了です。

カウルはかなり汚れている部分をヤスリで削って、塗装です。

大分寒いせいか、いつもは2時間も有れば塗装が乾くのですが、本日は3時間でようやく乾きました。
パッパと取り付けて、作業完了です。

IMG_1980.jpg
IMG_1981.jpg
IMG_1982.jpg

直ぐに走りに行く予定なので、テープはそのままです。

これで、バイクはOKです。

次回の筑波サーキットで、今度こそ10秒を切りたいと思います。

かめレーサーでした。

テーマ : 整備 - ジャンル : 車・バイク

走行前の整備

走行前の整備。
久しぶりにサーキットを走るので、少しTZRを整備します。
昨年スポーツ走行した後、何もしていなかったので、ゼッケンも付けっ放しです。
IMG_1962.jpg

今年の走行はファミリー走行からの予定なので、ゼッケンを外し、さらにリアサスを少し伸ばして起きたいと思っています。
現在、リアサスにはワッシャーが1枚挟んで伸ばしています。
これを2枚にして、もう少し前傾が付く様にします。

さらに、昨年の転倒の際にカウルが結構傷ついていたので、塗装もします。

IMG_1963.jpg
IMG_1964.jpg
IMG_1965.jpg
IMG_1966.jpg
汚れをヤスリで落として、上から塗装します。

リアサスの調整の為に、シートカウルも外します。
さらにリアタイヤも外します。
IMG_1967.jpg

IMG_1968.jpg
この写真の中央にあるボルトの下側にワッシャーを一枚追加します。

リアタイヤを外して、リアサスペンションの下部のボルトを外せるようにします。
IMG_1969.jpg
ここから外せる一番したのボルトを外します。

その後、横からサスペンションを外します。
IMG_1970.jpg

これで、ワッシャーを着けるところを外します。
IMG_1971.jpg
写真はワッシャー2枚を付けた状態です。

このリアサスの上部に上の写真のパーツを取り付けます。
IMG_1972.jpg

このリアサスを外す為に、脚立を使ってバイクを吊り上げています。
青いバンドは吊り上げに使っている簡易ウインチです。
IMG_1973.jpg

それぞれのボルトを仮締めした状態で、ウインチを緩めます。
その後、本締めをして完了。
IMG_1974.jpg
IMG_1975.jpg
IMG_1977.jpg

大分長くなって来たので、本日はここまで。

かめレーサーでした。

テーマ : 整備 - ジャンル : 車・バイク

タイヤウオーマーの購入

最近寒くなって来て、ウオーミングアップに時間が掛かる様になってきました。
特にタイヤを温めるまでは、かなり慎重に走らざるを得ない状況です。
走行時間の半分以上を使ってしまう感じになっています。

この状況を改善するべく、タイヤウオーマーを購入しました。

タイヤウオーマー自体はクレーバーウルフのタイヤウオーマーが安かったので、これを購入。
IMG_1983.jpg

さて、発電機ですが、以前東北大震災の際に購入した中国製の発電機が我が家に有ります。
IMG_1961.jpg
今では、すでに販売していない発電機。
購入時、3年前に一度エンジンを掛けただけで、放置していたものです。

古い、ガソリンを抜いて、新しいガソリンを入れて始動させてみます。

あっさりエンジンがかかり発電機として利用出来ました。

4ストのエンジンは2ストと異なり、放置されても大丈夫なんですね~。

現在愛用している原付のDIOは2年ほど放置しただけで、再始動まで大変苦労しました。
そのいきさつはこのブログにも書きましたが・・・

以外にもあっさりエンジンが始動した発動機。
発動機用のガソリンも持って行く事にします。

一気にサーキットへの手荷物が増えた感じがします。

発電機自体もかなり大きい。
IMG_1984.jpg

この発電機はコンセントが一つしか無いので、リードコイルも必須です。

これで、寒い日の走行も安心です。

本日はここまで。
かめレーサーでした。

テーマ : 整備 - ジャンル : 車・バイク

ポジションインジケーターその後

以前購入したポジションインジケーターのその後の話です。
メーカーに修理に出したのが戻ってきたのですが、メーカー側からの返答では故障はしていないとの事。
エンジンの回転数が取れないのは、エンジン側に問題が有りそうです。

改めてメーカーに電話をして見ます。
エンジンの回転数を取る為に、イグニッションコードからエンジン回転を取るオプションパーツを勧められました。
「メーカー本社に持って来てくれれば、正常に動作するまで対応します。」というメーカー担当者の話も有ったのですが、取り敢えずパーツを追加して対応出来るなら、それで良いかなと思いオプションパーツを購入しました。

なかなかうまく動かないのですが、メーカーの方の親切な対応には頭が下がります。

さて、このオプションパーツが届き組み込みます。

見事、エンジンの回転数を取得出来る事になりました。

しかし、次にポジションのセッティングを改めて行わなければならなくなりました。
もともと設定してあったのですが、「かめレーサー」がリセットしてしまったのです。

前輪側に速度を取得するマグネットが付いているので、実際に走ってセッティングするしかありません。

1速から6速まで順番にシフトアップして走らなければならないので、なかなか公道では難しい。
信号とかで止まって、6速に入れる前にシフトダウンしてしまうとセッティング出来ません。
高速とか走ればちゃんとセッティング出来そうですが、その為だけに高速走るのもさすがに・・・

筑波サーキットでセッティングをして見ました。

コースインしてすぐの週でセッテイングして、良い感じになりました。

走行中に今何速に入っているかが分かるのは便利です。

しかし、何週かしているうちに表示されるギアが実際とは異なって来ました。
また、改めてセッティングして見るつもりです。

もう少し、ゆっくりセッティングしないとうまく行かないのかもしれません。
本来、車種別の製品を買っていたので、セッティングの必要は無かったのですが、リセットしてしまったのが悔やまれます。

またうまく行ったら、こちらで報告します。

本日はここまで。
かめレーサーでした。

テーマ : 整備 - ジャンル : 車・バイク

修理後の初走行

昨年のネタばかりですみません。
本当に昨年末はバタバタしていて、更新が出来なかったもので。

では、早速。
TZRの修理も終わり、初のスポーツ走行です。

今回もピットをゲットしました。
IMG_1954.jpg

ゼッケンは「4」。
かつて、エディーローソン、フレディースペンサーがチャンピオンになる年につけていたゼッケン。
う~ん、「かめレーサー」野心だけは大きい!
IMG_1956.jpg
なかなか良い感じ。

横から見るとこんな感じです。
IMG_1957.jpg

さー、気合い入れての走行です。

今回はタイヤの空気圧はFR共に2.0kg(冷時)。
前回トミンスポーツランドで転倒した時には冷時で1.8kgまで下げていたので、今回は空気圧を上げて試してみます。
路面温度も低いし問題無いかなと思っています。

スポーツ走行一本目。
参加台数は10台以下。
寒いせいもあり、皆ゆっくり走っています。
かめレーサーも14秒台前後で走行して終了です。

やはり寒いので、タイヤを温める意味も有り、走行時間の半分くらいは暖機運転という感じです。

GPSログを走行後にすぐに確認。

コーナーへの進入速度が11秒台を出した時のログに比べても10km/h位遅い!
ギア比を変更して、タイムが落ちる。
う~ん、大丈夫か?

2回目のスポーツ走行。
ベストは13秒まで上がりました。

少し意識して高めの速度でコーナーに入る様にしたのが良かった様です。

走り納めという事で、無事転倒も無く終了。

タイムは今一でしたが、これで満足。

今回はあまり速い人がいなかったので、スポーツ走行も安心して走れました。
これからは、タイミングを見ながら、ファミリー走行とスポーツ走行を使い分けて行こうと思っています。

それでは。
かめレーサーでした。

テーマ : モータースポーツ - ジャンル : 車・バイク

転倒の修理 その3

さらに昨日の続き。

修理はチャンバーを取り付けて終わりです。
綺麗に乾いています。
IMG_1949.jpg

取り付け自体は慣れたものです。

さて、修理とは別に今回新たに作業を追加しました。
それはドレンボルトのワイヤリングです。

今まで、ファミリー走行のみの走行をしていた「かめレーサー」ですが、なかなか日程が合わない事も有るのでスポーツ走行のAクラスも走れる様にワイヤリングをする事にしました。

まずは、プラスティックのドレンボルト(キャップ)に穴を空ける為にドリルの刃を買って来ました。
IMG_1950.jpg

この部分に穴を空けます。
IMG_1951.jpg

ワイヤリング用のワイヤーとワイヤーツイスターも購入済みです。
IMG_1952.jpg
ワイヤーツイスターの写真は撮っていませんでした。

こんな感じで完成です。
IMG_1953.jpg

ワイヤーツイスターの使い方が分からなかったので、ネットで検索。
こちらでチェックしました。

結構簡単で、面白い!

これでスポーツ走行の準備OKです。
フロントゼッケンを張るためのベースも購入済み。
ゼッケンは4で行こうと思っています。

準備万端の「かめレーサー」でした。

テーマ : 整備 - ジャンル : 車・バイク

転倒の修理 その2

昨日の続きです。
リアタイヤを外す前に、フロントのスプロケを外します。
リアタイヤを外した後だと、固定が難しいので・・・

IMG_1935.jpg

インパクトレンチの登場です。
折角持っているので、積極的に使用します。
IMG_1936.jpg

折ワッシャーを起こして、インパクトレンチで一発で外せました。
IMG_1937.jpg

フロントスプロケを外したので、リアタイヤも外します。
IMG_1938.jpg
このスプロケも交換します。

IMG_1939.jpg
チェーンも切って、付け直します。
リアのスプロケも大きくなったので、112コマで大丈夫か少し心配。

新しく使用するリアスプロケです。
IMG_1940.jpg
IMG_1942.jpg

フロントのスプロケは以前使用していた15丁を再利用。
IMG_1941.jpg

リアタイヤのスプロケを付け替えます。
特別ボルトも固着していませんでしたが、インパクトレンチを使ってスイスイ作業が進みます。
簡単にスプロケを付け替えて、リアタイヤを取り付けます。
IMG_1943.jpg

作業中の写真を撮っていませんが、チェーンは既に切ってあります。

フロントのスプロケも付け直して、チェーンも交換します。
IMG_1944.jpg

以前購入しておいた112コマ用のチェーンジョイント。
IMG_1945.jpg

現在ついているチェーンを切って交換。
金色になりました。
IMG_1946.jpg

スプロケのカバーを取り付けます。
IMG_1947.jpg

リアスプロケを大きくしましたが、特に問題無いようです。
IMG_1948.jpg

う~ん、良い感じ。
これで少しでもタイムが上がれば良いのですが。

取り敢えず本日はここまで。
かめレーサーでした。

テーマ : 整備 - ジャンル : 車・バイク

転倒の修理

昨年末の修理です。
トミンモーターランドで40km/hでの右側への転倒。
かめレーサーの転倒は全て右側です。

壊れた箇所としては右側のバックステップが削れたのと、右前のウインカーが割れたのと、スクリーンが少しひびが入ってしまった事。
ウインカーとスクリーンはビニールテープで補修して終了する予定です。

まずは、作業前の一枚。
IMG_1926.jpg

そういえば、以前から考えていたハイスロットルの取り付けの為、現在のスロットルの内径を測って見ます。
その為に、アクセルを一度取り外します。
IMG_1927.jpg

スロットルの内径は思ったより大きく、Activeのハイスロットルでは、実質ロースロットルになってしまう事が判明!
昔はSUGO製のハイスロットルが有ったらしいが、今は入手困難。
ハイスロットルは諦める事にしました。

さて、作業を進めます。
バックステップが削れてしまった部分。
IMG_1928.jpg
よく見ると、右側のチャンバーも擦れて、地肌が見えています。
これはチャンバーを外して塗装しなければ。

IMG_1930.jpg
少し銀色が見えます。
耐熱ラッカーで、塗装。
IMG_1931.jpg
このまま乾かします。

チャンバーを外した状態のステップ。
IMG_1932.jpg
ステップバーのみ交換します。
前回購入した左側のステップバーをそのまま使用します。
IMG_1934.jpg
リアブレーキレバーはバールで修正してOKです!

今回の作業で実は、改めてスプロケを交換する予定です。

以前、フロントのスプロケをいろいろ交換して見たのですが、今一タイムアップ出来ずにノーマルに戻しました。
それで結構良いタイムが出たのですが、やはり筑波サーキットの最終コーナーでは少しエンジンの回転が上がり過ぎている感じがします。
前回はフロントスプロケを1丁増やした15丁にして、少しロング過ぎたので、今回はフロントを1丁上げて、リアも1丁上げたセッティングを考えています。
リアスプロケは持っていなかったので購入しました。

スプロケ交換も有るので、リアタイヤを外します。
IMG_1929.jpg

結構長くなってきたので本日はここまで。

かめレーサーでした。

テーマ : 整備 - ジャンル : 車・バイク

昨年末の転倒

昨年末トミンサーキットで転倒しました。
時速は多分40km/h位のスピードだったので、マシンのダメージは軽く済みました。
かめレーサー自身は全く怪我無く良かったのですが、それでもバックステップは少し削れてしまいました。

取り敢えず、午前中に行った筑波サーキットの写真から。

IMG_1924.jpg
最近は結構ピットが使える率が高い。
寒いからね~。

IMG_1925.jpg
ピットに有るTZRです。

ピットは確保出来たものの、タイムは12秒台。
寒いのもあって、いまいちスピードが出せない。

その後、午後からトミンモーターランドに移動して、走行。
しかし、今回は全く調子も出ずに29秒台がやっと。
調子が乗らないままに、最終コーナーで転倒してしまいました。

筑波サーキットの時もそうっだったのですが、タイヤの空気圧が低すぎる感じがしました。
それというのも、筑波サーキットの最終コーナーでなんかリアタイヤが滑る感じがしていたし、トミンモーターランドでの転倒もフロントからいきなり滑った感じでした。

帰宅後GPSログで確認すると、筑波サーキットではコーナリングスピードが極端に落ちていました。
特に最終コーナーでリアが滑る感じがした以外は、不安無く走っていたのですが・・・

ちなみに今回は、両サーキットでも気温は10度前後で、空気圧はFR共に1.9kg(冷時)で走っていました。
転倒後は2.1kg(暖時)まで空気圧を高めて走ったところ、感触はよくなりました。

ちょっと、空気圧を上げて走るようにした方が良いかもしれません。
また、この寒い時期、走行時間の半分位はタイヤの暖機に使っています。
今まで考えた事が無かったのですが、少しタイヤウオーマーに憧れ始めている「かめレーサー」です。

タイヤウオーマーを買うとなると、発電機も必要だし・・・
う~ん。

取り敢えずは転倒したTZRの修理です。

本日はここまで。
かめレーサーでした。

テーマ : モータースポーツ - ジャンル : 車・バイク

ハイスピードライディング

以前、こちらでも紹介した「ハイスピードライディング キース・コード著」を古本で購入しました。
実に1万円近い高価格!
それでも、ネットでレビューなどを見ているとかなり好評なので、思い切っての購入です。
1983年創刊の実に30年以上前の本です。
しかし、ウエインレイニーやエディーローソンの指導もしていたというキース・コード。
なかなかの内容でした。

じっくり読み込んでいますが、スライドや転倒の仕方等、他の本ではなかなかお目に掛かれない記事が満載です。

あとはブレーキングポイントだけでなく、視線の送り方を細かく解説。
本当に30年前の本だろうか?!
とにかく盛りだくさん!

見る機会が有れば、じっくり熟読される事をお勧めします。

ちなみにこの本、原題は「A TWIST OF THE WRIST」と言います。
新刊の洋本で「A TWIST OF THE WRIST 2」が出ていたので、こちらも購入して見ました。
それなりにイラストも多いのですが、完全な英語なので「かめレーサー」の英語力ではちょっと読解不可能でした。
さらに「A TWIST OF THE WRIST 2」の解説ビデオも出ていたので、こちらも購入。
これも完全な英語版の為、今一ピンときませんでした。

この様な経過での購入でした。

どの様にタイムを上げるかも、今まで「かめレーサー」が読んだテクニック本とは全く違う視点での解説。
じっくり読み込んで、タイムアップに繋げたいと思います。

昨年の年末からお正月にかけて、なかなか忙しくブログの更新が出来ませんでした。
今日からは頑張って、更新したいと思います。

以上、かめレーサーでした。

テーマ : モータースポーツ - ジャンル : 車・バイク

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。
「かめレーサー」です。
今年の正月は仕事で忙しく、新年の挨拶もこのタイミングになりました。
1月中に何度か筑波サーキットを走りたいと思っています。
ただ、仕事もまだ忙しいので頑張ります。

今年こそレース出るぞ!

かめレーサーでした。
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
このブログをリンクに追加する
プロフィール

かめレーサー

Author:かめレーサー
とにかくバイク大好き。
愛車はTZR250R(昔はYZF-R1)です。

無謀にもレース出場を目指している中年男です。

月別アーカイブ
アクセスカウンター
2008年5月10日設置